破損した部品が…他の部品を破損させる…だと……!?

皆さんこんにちは。
草加店のブロガー(になりつつある)清水です。

特技はキーボード早打ち(ブラインドタッチ)です☆v(≧、゜)


さて、今回のお題ですが…どうにも使い古された感がある「スクーターのベルト切れ」についてです。

が!

今回は一味違うレアケースですぞ!


まずはこの写真をご覧にいれよう……!!

P1100264.jpg
P1100265.jpg
P1100266.jpg

ドドォ~~~~~ン!!


ヌゥ……これはもしや……!

なにィ!?知っているのか…!?

聞いたことがある…本来定期的に交換すべき回転重量(うぇいとろぉらぁ)を交換することなく限界まで摩耗させ続け、
変速円盤(ぷぅりぃ)を破損させるというまさに諸刃の剣ともいえる奥義……
「回転重量摩耗限界突破」……!!
まさかこの使い手がまだこの世に残っていようとは……

フフフ……これの恐ろしさはそれだけではない。
破壊するのは変速円盤だけに留まらず、角度付蓋(らんぷぷれぇと)と谷の字強化帯(ぶいべると)をも破壊するのだ!


P1100267.jpg
P1100269.jpg

バァ~~~~~~~ン!!!

なんて恐ろしいんだ……!!∑(;`Д゜)



はい、というわけです。(゜ω゜)

よくわからない人のために解説↓

スクーターはエンジンの動力を後輪に伝えるために、「Vベルト」というものがあり、
これが切れてしまうとエンジンかかかっていても走れなくなりますので、定期的に交換が必要です。

しかし、交換が必要なのはそれだけではありません。
ウエイトローラーという変速するために必要な部品があります。
1枚目の写真がそうです。
金属の重りと、それを包むプラスチックのようなカバーでできており、これが回転することによって変速します。
(詳しい原理等は割愛)
これの外側のカバーがJoJoに(徐々に)摩耗していき、回転の抵抗になっていくッ……!
ドドドドドドドドド…
摩耗が続けばやがて加速や最高速が落ちるゥゥゥゥゥ~~~!

そして使用限界を超えてしまい、ウエイトローラーの破損のみでは済まなくなってしまったのが、
今回のブログのネタです。(ネタいうな)

ご理解いただけたでしょうか?
あと、この奇妙なノリについてこれない人にはお見苦しい記事を書いてしまい申し訳ありませんでした。m(_ _)m


ちなみにベルト交換等の駆動系整備は50ccおよそ2万円~です。
排気量や交換部品等の整備内容により金額は変わります。

この金額は高いですか?いいえ相応の整備をします。

僕たちは最初から最後までキチンと整備することを、強いられているんだっ!!
プロフィール

バイクショップ「はとや」メカニックチーム

Author:バイクショップ「はとや」メカニックチーム
埼玉県内に6店舗あるオ-トバイ販売店、「はとや」です。
各店のメカニックが書いてます。
http://hatoya.jp/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示