続・危ないシリーズ!

初めましての方は初めまして!
そうでない方はこんにちは!

4月から通販部から上尾店に異動になりました山田です!



さて!

ブログを読んでくださっているみなさんはどれくらいバイクのメンテナンスをしていますか?

今回は残念ながらメンテナンスを後回しにしてしまった例をいくつか紹介したいと思います!


まずはタイヤです。

「パンク」ということで修理を承ったので、釘か何かが刺さっているのかと思いきや、
なんとタイヤがすり減り過ぎたために空気が抜けちゃっています!

タイヤ・バースト

こちらの場合はゆっくり空気が抜けたようなので良かったですが、
高速道路を走行中に空気が抜け始めていたら…!
もしくは突然破裂していたら…!

タイヤの消耗は目で確認しやすいです。
もしタイヤを見て大丈夫かな?と思ったらスタッフにお声かけください!



次はブレーキです。

パッド摩耗
ディスク摩耗

上の画像左側は、ブレーキパッドの使用限界を超えて使用したために、
なんとブレーキパッドの土台の部分(背板)まで削れてしまっています!

ブレーキパッドが当たるディスクのほうも荒く削られてしまっています…。
本当はディスクも換えてしまったほうが良いのですが、
予算の都合で今回はブレーキパッドのみの交換となりました。

歯ブラシの毛がないところで磨いてもきれいにならないように、
ブレーキパッドの土台の部分ではブレーキは効きません!




続いてはエンジンオイル!
エンジンの中身をすり減ってしまうのを防ぐのが大きな役割です。

グリーンカレー
オイル乳化


ですがこの2枚の写真は「最後にいつオイル交換したのかわからない」という車両のものです…
エンジンオイルと水が混ざってしまっています。
これではエンジンを保護することはできないですね…。

1枚目はグリーンカレーがエンジンから出てきたとメカニック3人で驚いていました!笑

エンジンオイルは乗っていなくても水が混ざったり酸化することで悪くなってしまいます。
定期的に交換しましょう!



最後にホイールのベアリングです。

ベアリング
ベアリング新

ホイールの真ん中にある部品で、
ホイールがきちんと回転するのに必要な部品です。

これがすり減ってしまうと1枚目のようにガタガタになってきます。
2枚目の新品と見比べてみてください。
隙間が出てきてしまっています。

もしベアリングがすり減った状態で走っていると、
最後にはベアリングが砕けてしまって命に関わる重大事故につながってしまう場合があります!

残念ながら外側から見える部品ではないので、
定期的な点検(12か月点検など)を受けられることをオススメします!




安全にバイクに乗るために、
メンテナンスもかかさず行いましょう!

メンテナンスについてわからないことがあれば、
お気軽にはとやのスタッフまでお声かけください!


それではよいバイクライフを!
プロフィール

バイクショップ「はとや」メカニックチーム

Author:バイクショップ「はとや」メカニックチーム
埼玉県内に6店舗あるオ-トバイ販売店、「はとや」です。
各店のメカニックが書いてます。
http://hatoya.jp/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示