バッテリー?あぁ、あさのあつこか。(違います)

はい、皆さんこんにちは。
初めての方ははじめまして。

夏本番真っ盛りといった感じで、
暑い!じめじめ・・・ときどき豪雨!?
そんな季節ですが、この番組はエアコンの効いた涼しい室内からお送りいたします(笑)

はとや草加店の、ナルホド納得ブログ「SOUKA!」
はじまりはじまり~。

今回も知って納得、目からウロコ(?)な情報をお届けいたしますのは、
わたくし清水でございます。


今回のお題はズバリっ!
「バッテリーあがりって、なんぞや?」

「バッテリーあがり」という言葉はよく耳にしたり、使ったりすると思います。
ですが、それはつまりどういうことなのか?までは知らない人は少なからずいると思います。
そんなわけで今回はそのへん詳しくご説明させて頂きますので、
「そうか!」と納得してもらえればと、オモイマス!

ではまず、バッテリーあがりとは簡単に言うと、
「バッテリーの電圧が極端に低下してしまった状態」のことを指します。

携帯やスマホで例えるならバッテリー残量15%未満といったところでしょうか。

バイクのバッテリーはいわゆる12V(ボルト)バッテリーで、
12.6V以上あれば正常です。
P1110777.jpg

それよりも低いとバッテリーが弱っている状態。
P1110778.jpg

10V未満になってしまうとバッテリーあがりということになります。
P1110780.jpg

ところで、先に携帯のバッテリーに例えましたが、
携帯やスマホは使えば使っただけバッテリーを消費するので、充電器を使って充電しますよね?
ここであれっ?って思いました?

バイクには充電器なんて使ってないのに、1年以上使ってるけど?
って思いました?

実はバイクは、エンジンが発電機になっており、
エンジンをかけている間はそのエネルギーによって充電されるんです!

なので常にバッテリーの電圧を維持できているのです。

じゃあどうしてバッテリーあがってしまうの?
というと、

一つは経年劣化です。

バッテリーも永久機関ではなく、あくまでも消耗品なので、使い続ければだんだん弱くなってしまいます。
携帯のバッテリーも、長く使っていれば弱っていきますよね?
その場合はバッテリーを交換すれば解決します。

そしてもう一つの理由が充電不良です。

これはエンジンによって発電された電力がバッテリーに供給されず、バッテリー自体の電力をどんどん消費し続けてしまう状態になってしまうので、
バッテリーを交換してもすぐにあがってしまうので修理が必要になります。

バッテリー交換してもすぐダメになってしまう場合は、充電不良の可能性が高いです。

ちなみに、充電不良とは充電されないことをいうのですが、
その逆に充電され過ぎてしまう「過充電」という症状もあります。

例えば、お腹いっぱいなのに「もっと食え、ホラホラ」と言って無理やり口に食べ物を詰め込まれている状態です。
携帯で例えるなら、100%充電されたのに、そこで止まらず更に充電し続けている状態です。

もしその状態になってしまった場合、
バッテリー破裂します。

ので、こちらも修理が必要になります。


バッテリー小劇場~カメとウサギ~

ウサギ「やあ、カメ君。深刻な顔してドシタノ?」
カメ「あ、ウサギさん。見て下さいよコレ」
P1110763.jpg
P1110764.jpg
P1110765.jpg
ウサギ「ムムム、バッテリーが破裂している!超常現象ダヨ!」
カメ「パンッ!っていう大きな音がしたので、見てみたらこうなっていたんです」
ウサギ「間違いない。ホクトシンケンというやつダヨ。見事に内側から破壊されている」
カメ「ウサギさんのバッテリーもなるんですか?」
ウサギ「いいや、なってない。が、バイク業界じゃぁ有名な話ダ。古いバイクに、よくなるってネ」
カメ「このままじゃ得体の知れない恐怖に怯えながらバイクに乗らなきゃいけなくなります」
ウサギ「大丈夫ダ。バッテリーを換えれば全て丸く収まる」
ボンッ!!
カメ「・・・・・・・・・」
ウサギ「・・・・・・・・・」
カメ「・・・ウサギさん?(^ω^#)ピキィ」
ウサギ「あれぇ・・・?(;゜∀゜)」


はい、というわけで今回はバッテリーあがりのお話。
いかかだったでしょうか。ナットクして頂けましたでしょうか?
バッテリーのトラブルは知人に相談するよりも、まずはバイク屋さんに持っていきましょうね。
はとやはバッテリートラブルもどんと来い!だよっ!

次回もナルホド納得!な情報をお届けいたしますので、乞うご期待!
それでは本日はこの辺で。
サヨウナラ~( ̄∀ ̄)ノシ

夏ですね

こんにちわ(´・Д・)」最近もつ焼きにハマってる川口店の佐々木です!


7月に入り気温もぎゅーんと上がりまさにですよ!!
熱いですね熱いですね←文字の色だけでも涼しげな色にしてみました(〃▽〃)

今回は消耗部品スパークプラグのトラブルについてやっていこうと思います!
エンジンオイルはまめに交換してるけどプラグは交換していない方が
結構いらっしゃいます。 エンジン掛かるから、普通に走ってるし、なんて
思っていると痛い目に遭ちゃいますので早めの交換をおすすめ致します。

今回あったプラグに関する2つのトラブルを紹介します!

ケース①
走行中に息継ぎをしたり滑らかに加速していかない事が時々ある。との訴えでした。

いざプラグの点検!!

IMG_0590[1]


一見まだまだ使えそうなプラグですが・・・


スポッ

IMG_0592[1]

なんとターミナルが折れています。
不調なわけだ・・・

ケース②
車検整備の際特にお客様からの不調等の訴えも無かったのですが、なんか変だ!?
エンジンの掛かりや吹け上がりも良好だけどアイドリングが微妙におかしいよ~な!?

いざプラグの点検!!

IMG_0601[1]


こちらも一見まだ使えそうなプラグですが・・・

じゃん

IMG_0599[1] IMG_0603[1]


よ~く見ると中心電極部がおかし~じゃあ~りませんか。
不調なわけだ・・・


やっぱり消耗部品は定期的に点検または交換が必要になってきますね。
ちなみにプラグ交換は3000~5000㌔を目安に行う事をオススメ致します。  



















NGKスパークプラグ勉強会

車両撮影の松島です。

先日NGKスパークプラグさんの勉強会に出席させていただきました。

IMG_0941.jpg


ターミナルの種類やら…

ロングリーチ化やら…

発火位置の変更やら…

熱価やら…

難しい話はさて置き、プラグの交換はしていますか?

2輪車のプラグの交換時期は、3000km~5000kmとなっております。

プラグ交換を怠ると、始動不良や走行中失火、燃費悪化や排ガス悪化等の性能低下がみられます。

最悪の場合は、プラグ外側電極の折損でエンジン不調になる恐れがあります。

プラグはエンジンを動かす大切な部品ですので、定期的な点検・交換をオススメします。

プラグ交換の際は是非当店へお越し下さい。

マネジメントセミナー

みなさんこんにちは(*・`ω´・)ゞ

川越店の都留ですヾ(o´∀`o)ノ



今日は先日あったセミナーのお話を少しだけ紹介させていただきます( ̄^ ̄)ゞ



今回のセミナーは
マネジメントセミナー
~部下のいる・これから部下を持つ・全ての人に~
でした(ノω`*)ノ


たくさんあった話の中からどれを話そうか迷いますが
セミナーの最後に今回はこれは覚えてくださいというのが


作業割当
考課と教育
労働条件の確保
資産の保全
報告書の完全記入と期限内提出


との事でした。
お話を聞いているとどれも重要で
欠かせない充実した内容のセミナーでしたm9(゜д゜)っ


中身まで話してしまうとすごく長くなってしまいますので
ここまでにさせていただきます(つД`)ノ


ではまた次の機会に会いましょう
川越店の都留でした(*σ´Д`*)

皆さま、オハコンバンチハ!!
所沢店の名物男「噂の斉藤さん」こと僕です。
saitoh_201702061947223d8.jpg

早速ですが、

Q、こちらは何でしょうか??
001_201705292015170d6.jpg

A1:調理中のゼリー

A2:カクテル

A3:ガソリンと水

答えは③の分離したガソリンと水です。

実はこれはエンジン不動のとあるバイクのガソリンタンクから抜き取ったガソリンなんです!!
雨の日に外に何日か置いておいたら入ってしまったそうです。
タンクキャップのパッキンの劣化と水抜きホースの詰まりによる水の浸入です。
こんなにハッキリと分離してしまうんですね~~( ̄^ ̄)ゞ

もうすぐ6月で梅雨の時期に入ります。
今回のケースは稀で簡単にガソリンタンクに水が浸入する事はありませんが万が一の予防の為や
大切なバイクの保護の為に今回はバイクカバーをオススメします!!

004_201705292028557b6.jpg

梅雨入りする前に絶対オススメですよ。

プロフィール

バイクショップ「はとや」メカニックチーム

Author:バイクショップ「はとや」メカニックチーム
埼玉県内に6店舗あるオ-トバイ販売店、「はとや」です。
各店のメカニックが書いてます。
http://hatoya.jp/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示